スポンサーリンク

オーストラリア旅行たった6日で3kgも太った理由

海外旅行
スポンサーリンク

オーストラリアの男性は勿論ですが、女性も背が高くガッシリしています。

華奢とか、はかないとか、消え入りそうとか、薄幸と言う形容詞が似合う女性は、オーストラリアでは皆無と私はお見受けしました。

オーストラリアのCAさんも日本の男性より背が高く、たくましい女性ばかり目につきました。

それもそのはずです。

オーストラリアの主食は赤身の牛肉で、パンは主食と言うには小さく、デザートはこれでもかと言うほど甘いのです。

少しですが、オーストラリアの食事を紹介します。

オージービーフのステーキ

ご飯は野菜と同列な扱いで、添え物程度です。パンも思ったより小さく、メインはナイフで切っても硬い、かみごたえのある赤身のステーキです。広い牧場で草を一杯食べて育ったイメージの牛肉です。

オーストラリアのハンバーガー

ハンバーガー&フライドポテト
ビーフ100%間違いなしの大きなハンバーグがサンドされたハンバーガー&これでもかと言うほど山盛りのフライドポテト付きです。

オーストラリアのフィッシュ&チップス

イギリス伝統の料理「フィッシュ&チップス」は鱈を揚げたものと、またも山盛りのフライドポテトです。

オーストラリアのパンケーキ

ゴールドコーストに有る「パンケーキインパラダイス」のパンケーキはパンケーキの枚数を選べます。生クリームがくどくなく、新鮮で通いたくなる美味しさです。地元でも人気店で、行列ができていました。店内が広いので、あまり待たされず席に案内されました。

オーストラリアのベシタブルラップ

ゴールドコーストに有る「パラドックスコーヒー」ベシタブルラップ、オレンジ&アーモンドケーキ、カフェラテです。一人前が多く食べごたえあります。

カンタス061便の機内食

帰りの機内食です。オーストラリアでも和牛メニューが有ります。上記は和牛のビーフ煮込みです。和牛と言っても、赤身なので、脂肪分は少なくヘルシーでやや硬めです。

オーストラリアでは体格のいい人ばかりです。そんな人々を目にしていると、ダイエットをしようとは思いません。むしろ、まだまだ太れると思います。

スイーツは限りなく甘く、甘さ控えめなど何処吹く風と言った感じで、甘いスポンジにチョコレートをたっぷりコーティングしたスイーツばかりです。

今回は6日間でしたが、もし私がオーストラリアに永住したら、巨漢になる自信が有る食生活でした。

関連記事

知らないと恐いニューヨーク旅事情

人種のるつぼニューヨーク激あつスポット

カナダ雄大なナイアガラの滝は一つじゃない

オーストラリア ユーカリの油分で青く輝く神秘の樹海ブルーマウンテンズ

オーストラリア世界遺産オペラハウスとシドニー湾クルーズまるわかり

オーストラリア旅行早わかり

オーストラリア可愛いコアラを抱っこしたい方必見パラダイスカントリー

オーストラリアのゴールドコースト美しいサーファーズ.パラダイス.ビーチ紹介

オーストラリア 世界遺産スプリングブルック国立公園を歩く

オーストラリアのゴールドコーストで美味しいパンケーキインパラダイスに出会う

オーストラリアのゴールドコーストで見たパラドックスコーヒーのカフェアート

オーストラリア旅行たった6日で3kgも太った理由

フランス旅行に行く前に知らないと損する準備と注意点

フランス「セーヌ川クルーズ&パリ散歩」シャンゼリーゼ通りを歩く

フランス「ルーブル美術館」のモナリザに恋する

フランス世界遺産「ベルサイユ宮殿」にはトイレがない

コメント

タイトルとURLをコピーしました