凄いぞサイゼリア

グルメ

サイゼリアの商品は安くて美味しいと以前から思っていましたが、今回、改めてサイゼの凄さに驚きました。

 

池袋サンシャイン60通りのラウンド1の地下2階に入っています。

 

東口から徒歩数分のところにあるので、当然、ランチも1,000円ぐらいはして当然と思っていました。

 

な、なんとハンバーグがライス付きで500円!

ドリンクバーも100円で付けられます。

 

1,000円でデザートも付けられるのが大変嬉しいです。

 

今回は、サイゼの魅力を徹底解剖していきます。

 

 

スポンサーリンク

サイゼリア歴史

 

埼玉県吉川市に本社を置く企業です。

創業者は正垣泰彦氏です。

 

レストランの個人店舗「レストラン サイゼリア」を経営していました。

1973年に多店舗経営を視野に入れて法人化し、株式会社マリアーヌ商会を千葉県市川市に設立しました。

 

1992年商号を株式会社サイゼリアに変更しています。

 

 

スポンサーリンク

サイゼリアの由来

 

「サイゼリア」はイタリア語で「クチナシの花」のことで、サイゼリアの創業日7月7日の誕生花がクチナシの花だそうです。

諸説ありますが!

 

 

安さの秘密

 

中間マージンの削除

 

 

サイゼリアは牛乳の安いオーストラリアに自社工場を持っているそうです。

レタスも自社で畑を持っていて、輸送時もレタスは4度とこだわっています。

 

中間マージンをかけずに、安く美味しいまま流通させることに尽力しています。

 

マニアルが細分化されていて、店舗によって差が出ないように、ご飯はg数を毎回測るそうです。

 

 

テレビコマーシャルはやらない

 

 

コストのかかるテレビコマーシャルはやらないことを徹底しています。

メニューを無闇に増やすことがなく、期間限定目メニュー以外はお馴染みのメニューです。

 

 

現金会計のみ

 

クレジット決済はお店側に手数料が発生するので、利益が削減する為と考えられます。

 

 

まとめ

 

今回、初めてサイゼリアのコマーシャルがテレビで放映されていないことに気づきました。

 

確かに中間マージンの削減は大切なことだと思いますが、それのみにとどまらず、コスト削減のためにやるべきこと、やらないことの区別が明確である事に驚きました。

 

安かろう悪かろうの店舗でないことを再認識できました。

 

消費者にとっては、大変ありがたい事です

 

これからも安心して、利用したいと思っています。

 

 

関連動画

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました