スポンサーリンク

ドメインを移管する方法&注意点

ブログ
スポンサーリンク

「今、運営しているサイトで行っているサービスをもっと増やしたい」と考えていませんか。

そんな方におすすめなのがドメイン移管

よりサービスが充実しているドメイン管理業者を探し出して移管をすると、様々なサービスが受けられるようになります。

ですが、ドメインを移管する場合はいくつか注意すべきポイントがありますので、今回はその注意点について説明をします。

 

ドメイン移管

 

ドメインの移管にはある程度日数を要する

最初に注意すべきポイントは「ドメイン移管には数日から数週間ほどの期間が必要であり、すぐには実施されない」ということです。

これはドメイン移管をするのに必要な手続きが関係しています。
ドメイン移管をするために最初におこなうことは「現在利用しているドメイン管理業者に対して移管する旨を通知する」ことです。

一般的にはメールで連絡することになります。

 

現在のドメイン管理業者から「認証鍵」を入手

次におこなうのが現在のドメイン管理業者から「認証鍵」を入手することです。

認証鍵はドメインの移管に必要なものであり、これがないと現在のドメインを継続して利用すること自体が不可能となります。
鍵の入手方法は管理事業者よって異なりますが、一般的にはメールで入手依頼をしたり、サイトの運営者が管理画面にログインして自分で入手したりすることが多い様です。

入手方法についてはドメイン管理業者に確認するようにしてください。

 

ドメインの移管先の業者に対して移管の依頼をする

最後におこなうことは「ドメインの移管先の業者に対して移管の依頼をする」ことです。
移管先業者のWebサイトから申請をすると、メールで移管手続きをするためのURLが通知されるので、そのURLにアクセスして必要な情報を記入することになります。

後は管理業者が移管業務をおこなってくれるので、移管作業が完了したというメールが来るまで待つことになります。

移管の申請をしてから完了するまでには早くて数日、遅くても数週間ほどかかり、さらに通知メール自体も英文で書かれていることが多いので気をつけてください。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました