スポンサーリンク

ウェブサイト作りに欠かせないHTMLとCSSとは何か

ブログ
スポンサーリンク

ウェブページは、HTMLとCSSというコンピュータ言語で書かれています。
アメリカ人やイギリス人と話をするのには、英語で話す必要があります。

また、物理学で物理現象を表現するのには、数学という言語が必要です。

そしてそれらと同じように、コンピュータを通じてウェブサイトを作成したり閲覧したりするのには、この2種類の言語が必要となるのです。

では、そんなHTMLとCSSについて、具体的に説明していきましょう。

HTMLは文書本体を記述し、CSSはそれを装飾します。

 

HTMLは「HyperText Markup Language」の略で、エイチティーエムエルと読みます。

HyperTextとは、通常のテキストではなく高機能なテキストという意味です。

 

別ページへのリンクを貼ったり、画像を挿入したり、見出しをつけたりできるのが、ハイパーテキストなのです。

これは、Windowsの「メモ帳」などで作成できる「通常のテキスト」と比べるとわかりやすいでしょう。

メモ帳の文書は、何の変哲もありませんね。

ただ文字が羅列されているだけです。

しかしハイパーテキストは、それ以上の要素を持っているのです。

そして「HyperText Markup Language」(HTML)は、日本語では「ハイパーテキストの目印をつける言語」といった意味になるでしょう。

これはウェブページを作成するために開発された言語であり、インターネットで閲覧できる各種のウェブページは、このHTMLで書かれているのです。

ただし、HTMLだけで書かれているウェブサイトはおそらくないでしょう。

HTMLは文書本体を記述する言語であり、それだけではデザインが整えられないからです。
そこで必要になってくるのが、CSSです。

 

CSSは「Cascading Style Sheets」の略で、「シーエスエス」と読みます。

Cascadingが「滝のようになること」を意味しますので、日本語では「スタイルシートの(滝のような)連続」のようなニュアンスとなるでしょうか。

文書のスタイルを指定する技術全般をスタイルシートと呼ぶのですが、CSSはHTMLで書かれた文書に装飾を施し、そのスタイルを整えます。

HTMLと組み合わせて、ウェブページが表示される際のレイアウトや、文字の色やサイズなどを指定するのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました